コンビニを利用した返済方法がアコムにはあります

13 3月 2014

今や大変身近となってきた消費者金融。とくに大手の消費者金融に関しては
テレビでのコマーシャルの放映があったり、雑誌などに掲載されている広告など、その名を目にする機会は大変多くなっています。
その中のアコムは馴染みのある企業の一つとなっています。印象に残るコマーシャルなどでその認知度はとても高く、日本国内での認知度は90%を超える数値となっています。そんなアコムですが、実際には利用をしようとした際にはどのような企業なのでしょうか?

アコムは借り入れに関しても返済に関しても、利用者の立場に立ったメリットを考えている企業であると言えます。消費者金融を利用したことのある人や利用中の人がその企業を利用する決め手となった理由としてあげる項目の一つでもある”利便性”がとても高くなっているのが大きな理由となっています。

借り入れに関しての利便性は大半の企業がいろいろなサービスを用意していますが、返済に関しての利便性というのは軽視されがちです。その中でもアコムは返済方法も多彩に用意をされていて、利用者にとっては大変助かることとなるでしょう。なかでもコンビニに設置されているATMより返済が可能なのはとても便利です。コンビニに設置されているATMの多くが24時間365日利用可能になっています。メンテナンスの時間もありますが、年間を通しても数時間ととても少ない時間であるので、よほどの確立でない限り、その時間に当てはまってしまうことも少ないでしょう。

借り入れのみならず返済のことにも力を入れているアコムは優良消費者金融であると言えます。

実際にアイフルで行う増額方法とその注意点

13 12月 2013

アイフルのキャッシングサービスを利用し、融資を受ける際には審査が必要なのはご存知でしょうか?
審査を受け、それに可決する事で実際に契約が交わされ、キャッシングなどのサービスを利用する事が可能となります。

いざ契約を交わし、実際に利用が可能となりますが、新規の契約の際には利用可能な限度額は比較的低めに設定をされる事が多いです。それは、企業側と利用者側との間に信頼がないからです。契約を交わす前の審査は、その信頼を少しでも確実な物にする為に存在をしますが、実績のない表面上の情報であり、それは取引を繰り返して実績を積み上げてこそ、本当の信頼となり得ます。
ですので、信頼の低いうちには利用可能な限度額というものも低く設定をされてしまうのです。

それでは、信頼を積み上げた後、利用可能な限度額を増額してもらうにはどのような手続きが必要になるのでしょうか?
それには、増額申請が必要となります。

アイフルの会員ページより、増額申込をクリックし、簡単な入力を済ませる事で限度額増額の申請を完了させる事ができます。
ですが、増額申請を行う際には、いくつかの注意点が必要となります。上記でも挙げた様に、まずは信頼の実績を積み重ねる必要があります。また、その他にも公共機関への支払も重要になります。こちらの支払が滞っている場合には、そのことも信用情報機関に示されてしまいます。その信用情報機関に示された情報によっては、いくらアイフル側の返済が滞りなく行われていたとしても信頼には欠けてしまうので、特に注意しましょう。

金融会社のモビットとはどんなカードローン?

28 5月 2013

金融会社のカードローン、モビットカードはどういったカードでしょうか。三井住友銀行グループのモビットは、三井住友銀行の口座を持っている方にはおすすめの簡単申し込みができるのが特徴です。

WEB完結申し込みは、電話連絡や郵送物などが一切なくスピーディーに手軽に申し込むことができます。在籍確認の電話も原則としてありません。審査結果のお知らせなどは、すべてメールのみとなっています。契約書類はネットで交付となりますので、郵送物がありません。モビット・カードの発行もありません。

借り入れも、振込みキャッシングで簡単に即時入金可能です。返済は口座振替ですから、入金忘れの心配もありません。通常のカード申し込みであれば、銀行やコンビニの提携ATMからの返済も可能です。

WEB完結での申し込みは、三井住友銀行の普通預金口座所持者だけでなく、東京三菱UFJ銀行に普通預金口座を持っている方も可能となっています。さらに全国健康保険協会発行の保険証、いわゆる社会保険証を持っている方あるいは組合保健証を持っている方が対象となります。それ以外の場合は、通常のカード申し込みを行います。

またMyナビと呼ばれる会員専用サービスも充実しています。利用状況の照会や振込みキャッシングの口座登録、変更、ユーザーID変更、返済シュミレーションなど数多くのサービスを会員なら利用することができます。サービスによっては、パソコンからのみ利用できるものもありますのでご注意下さい。電子領収書サービスもあります。

また、アイフルの場合はアイフル自動契約機など予め確認しておくと良いですね。